みさき眼科クリニック@代々木上原

学校健診の視力

現在学校健診後の「視力のお知らせ」を手にした子どもたちが来院しています。よく聞かれるのが「なぜ学校で測った視力と、眼科で測った視力はちがうのですか?」という質問です。

学校で視力を測っているのは学校医ではありません。(よく私が測っていると思われていますが、健診時には診察のみです。)そして学校健診時に使われるのは、0.3、0.7、1.0の3つの視票だけです。視力は日によって少し変動しますので、学校では0.7の視力で0.3-0.7判定だったのが、眼科では0.9というのは良くあることです。また、特に低学年の場合に検査の意味が理解できず答えが遅れ、見えないという判定になっていたり、右目の検査時に左目をぎゅっと押さえてしまい左目が見にくくなっていたりします。そして遠視の子どもは視力検査時に視力が出にくい傾向があります。

保護者の方に知っていただきたい大事なことは、健診とは「学校生活に不自由していないかどうか」の判定であり、目の健康として問題があるかとはまったく別であることです。もちろん学校の健診時に視力が不良であれば眼科を受診してほしいのですが、時に健診で問題がなくても眼科で治療が必要なことがあるのです。眼科の視力検査では治療が必要な視力の状態なのかまでチェックしています。

幼稚園児から小学校入学時までが目の成長に一番大事な時期なので、当院では4才になるお子さんに視力検査をおすすめしています。3才児健診も就学時健診もなんとなく答えがあってしまい、治療すべき遠視が見逃されている子どもがたまにいます。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する