みさき眼科クリニック@代々木上原

抗緑内障点眼薬による充血

40歳以上の日本人は17人にひとりが緑内障と報告されていますが(これはかなり多い病気です。)、自覚症状が出るのはかなり末期であること、早期に発見されて治療を始めても自覚的には何も変わらない、治療効果が認識できない、という病気のため、診療開始時に脱落する人が多いのです。

現在一番多く処方されているのは、プロスタグランジン系の点眼薬ですが、この薬によるまぶたの皮膚の色素沈着や白目の充血はよく見られる副作用です。充血はしばらく薬を使い続けていると減ることが多いのですが、どちらかというと色素沈着より充血を気にして薬をやめてしまう人のほうが多いそうです。

充血が出やすい順は ルミガン>トラバタンズ>キサラタン>タプロス という報告もありますし、眼圧の下がる効果は使ってみないとわからない個人差もあり、充血が気になるなら治療をやめてしまうのではなく、他の薬を試してみましょう。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する