みさき眼科クリニック@代々木上原

ブルーライトカット眼鏡とドライアイ

涙が乾くまでの時間Tear break-up time (BUT ビーユーティー)が短いタイプのドライアイは、通常に測った視力は良くても、「実用視力」と呼ばれる連続して測る視力が悪いことがあります。いわば「視力の質」が悪いのですが、パソコン作業時にドライアイの状態が悪化するため見えにくさが出てしまい、仕事に悪影響が出ます。

この視力の低下は涙液層で光が散乱することで起きるようです。青い光は散乱光となるため、まぶしさの原因、眼精疲労の原因と考えられていますが、ドライアイの人は青い光でますます見にくくなっている可能性があります。ドライアイの人にブルーライトカット眼鏡は効果がある、ということも言えますし、逆にブルーライトカット眼鏡で改善のない人は治療すべきドライアイがある、と考えても良いのかもしれません。

BUT短縮ドライアイは市販の点眼薬では治りません。眼科でご相談ください。あと同じメーカーからドライアイ用の眼鏡が出ているせいか、ブルーライトカット眼鏡でドライアイが治ると思っている方が時々いらっしゃいますが、これは効果はないでしょう。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する