みさき眼科クリニック@代々木上原

上輪部角結膜炎

上輪部角結膜炎は、上まぶたにかくれている上の輪部(黒目と白目の境部分)の結膜に原因不明の炎症が起きる病気です。写真では上輪部の結膜が厚くなり、染色液に染まっています。ドライアイの一種ですが、これまでなかなか目薬が効かず、ゴロゴロする感じが治らない患者さんが多かったのですが、ドライアイの新しい治療点眼薬ジクアス、ムコスタが効くことがわかってきました。
SLK.jpg

この二つの目薬は目の表面を守るムチンという粘液を増やすのですが、まぶたと目の表面の摩擦を減らすことにより、上輪部角結膜炎の症状が軽くなるようです。なぜ摩擦が起きるのか、ですが、まぶたの圧力が高いために起きる、という報告があります。特殊な器械でまぶたの圧を測ることができ、この病気の人では圧が高いそうです。
眼瞼圧が高い→摩擦が起きる→上輪部に炎症が起きる、という流れで病気が起こるようですね。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する