みさき眼科クリニック@代々木上原

ジクアス点眼で近視はなおりません。

先日放映されたNHKの「ためしてガッテン」を見た方が多いようですが、紹介されていた目の表面のムチンを増やす点眼であるジクアス(ジクアホソルナトリウム)、ムコスタ(レバミピド)は、ドライアイの治療薬です。ドライアイでなければもちろん治療効果は上がりませんし、「見え方が良くなる」というのはドライアイによる視力の質の改善のことです。近視が治って、メガネ、コンタクトレンズがいらなくわけではありません。

特に未成年でメガネ、コンタクトレンズを使っていて見えにくくなってきた場合は、近視の度が進んでいるためです。ドライアイであっても、近視の進行であっても、見えにくい場合には眼科でご相談されるのが一番です。なお、ジクアス、ムコスタは効果があがるドライアイのタイプがある程度決まっている傾向がありますので、眼科それもドライアイを専門としているところの受診をおすすめします。意外にドライアイは診断がきちんとされていませんし、また他科でついでに処方する薬とはとても考えられません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原
スポンサーサイト

PageTop