みさき眼科クリニック@代々木上原

目の表面のバリアー

目の表面はバリアーで守られています。涙に含まれるムチン、ラクトフェリン、ペプチドなどは化学的なバリアーと言え、物質的なバリアーは結膜、角膜です。スギの花粉はそのままではアレルギー性結膜炎を起こしません。粒子が大きすぎてこの物質的バリアーを通れないからです。涙で破裂した花粉からアレルギーの原因物質が出て、結膜から入り込みアレルギーを起こすと考えられています。

この花粉の破裂もおさえることができるというのが、今年発売となったアレジオン点眼です。アレルギーの飲み薬として歴史の長いアレジオンが目薬となり、効果が期待できそうです。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する