みさき眼科クリニック@代々木上原

目薬によるアレルギー

写真の患者さんは右目のみ抗緑内障点眼薬を他院にて開始したそうです。半年後右目に充血、かゆみが出てきてドライアイの点眼とアレルギー点眼が追加になったけれども治らない、と来院されました。写真では右白目の充血とまぶたが赤く腫れているのがわかると思いますが、目の中にはアレルギーの症状が起きていました。
eifa.jpg


目薬は時にこのようなアレルギーを起こすことがあります。薬を使い始めてすぐのこともあれば、この方のように半年たってから、ということもあります。片方の目だけに薬を使っていて、そちらにこのような症状が起きれば薬が原因と考えられます。薬の変更で症状が消えることがほとんどですが、この方の場合ほかの検査で緑内障の治療はする必要がないことがわかったので薬を中止しました。

当院には目薬の副作用に悩む方が多く来院されます。その中にはそもそも治療が必要ではなかった人もまじっています。多くの点眼薬を使っていると、もともとの症状がわからなくなっていることもあり、まずは全部薬をやめてもらうこともあります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する