みさき眼科クリニック@代々木上原

OASと花粉症

OASとは口腔アレルギー症候群の略です。特定の果物や野菜を食べて15分以内に口や唇、のどにかゆみや腫れ、イガイガする感じが出たり、じんましんや喘息のような症状、そしてひどい場合にはアナフィラキシーショックになることもあります。食べ物に花粉の原因物質と似たものが含まれているために起こると考えられていて、OASの多くは花粉症もあります。

スギ花粉症ではトマトがOASとして報告されているくらいですが、ハンノキと関連がある食べ物はかなりいろいろあります。ハンノキは公園などによくある木で1-6月に花粉を飛ばします。スギより早くに出る花粉症はハンノキが原因かもしれませんし、スギ花粉のある方の20%にハンノキ花粉もあると報告されています。

このハンノキにアレルギーを起こす人の半数にOASがあります。報告されている食べ物は
バラ科(リンゴ、モモ、ナシ、ビワ、サクランボ、イチゴ)
ウリ科(メロン、スイカ、キュウリ)
大豆(豆乳)
キウイ、オレンジ、ゴボウ、ヤマイモ、マンゴー、アボカド、ヘーゼルナッツ、ニンジン、セロリ、ジャガイモ、トマト
と多数あります。

ハンノキにアレルギーがあるかどうかは採血でわかります。ご希望の方は申し出てください。土曜のみ予約が必要なのと、平日の診療終了時間近くですと検査会社が回収に来られないことがありますので、ご連絡ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する