みさき眼科クリニック@代々木上原

緑内障の目薬:合剤の効果

緑内障の治療はまず一種類の目薬で始めますが、効果がいま一つの場合薬を切り替える、あるいはもう一種類追加します。ただ薬が増えればきちんと使える人は減ってしまいます。目薬はせいぜい二種類までが回数を守ってできる数のようです。


そのため緑内障の目薬には合剤と呼ばれる二種類が入っているものがあります。
現在は3剤あり
ザラカム=ラタノプロスト+チモロール(一日一回)
デュオトラバ=トロボプロスト+チモロール(一日一回)
コソプト=ドルゾラミド+チモロール(一日二回)
です。


すべてチモロールが入っているため、βブロッカーが使えない人には処方できないのが欠点なのと、本来一日二回の点眼であるチモロールが一回になっていること、一日三回のドルゾラミドが二回になることより、もともとの薬を使っているより治療効果が落ちる可能性があります。ただ調べてみると、合剤にするとその後眼圧が下がった人と上がった人の割合はほぼ同じという報告があり、もともときちんと点眼していた人には効果がなくなり、さぼりがちだった人には効果あり、ということのようです。合剤のほうがきちんと点眼できる人が増えるのは確かなので、その患者さんのキャラクターを見て処方を考える、ということなのでしょう。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する