みさき眼科クリニック@代々木上原

緑内障検査のおすすめ

日本人は40才以上の17人に一人が緑内障、というようにかなりの数の患者さんがいます。そのほとんどは眼圧のあがらない緑内障です。そのため眼底写真を撮り、そして最近では光干渉断層計(OCT)(診療明細に出る検査名は眼底三次元画像解析)による検査を行い、視野検査まで行って総合的に診断します。


もちろん眼圧が高い緑内障もありますが、眼圧が高いからと言ってすぐに緑内障の診断にはなりません。眼圧が高いだけで視神経への影響はまったくなく、眼底写真やOCT検査も正常の場合には「高眼圧症」となります。目薬による治療を行わないことが多いのですが(その患者さんの個々の状況にもよります。)、定期検査は必要です。そのうちに緑内障になる可能性があるからです。


眼底写真だけでは緑内障診断の難しい場合もあり、当院でもOCTを導入しました。健診等で眼圧が高いと言われた、「視神経乳頭陥凹(かんおう)」と判定された、という場合には精査できますので、ご相談ください。すぐにできる検査のため予約は必要ありません。(視野検査が必要な場合には後日に予約で再来していただくこともあります。)

Byみさき眼科クリニック@代々木上原


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する