みさき眼科クリニック@代々木上原

生理的飛蚊症(ひぶんしょう)

「目の前にゴミが飛ぶ」「すすのようなものが動く」「髪の毛かと思ったが払ってもなくならない」という症状は「飛蚊症(ひぶんしょう)」と呼ばれます。そのほとんどは「生理的飛蚊症」であり、病気ではなく(はっきり言えば)一種の老化現象です。目玉の中には「硝子体(しょうしたい)」と呼ばれるゼリー状のものがつまっていて、そのゼリーが縮む、あるいは水に置き換わることで影が見えるようになるのです。


飛蚊症の中には網膜剥離や眼底出血のように治療が必要な病気が原因の場合もあり、眼科で一度は散瞳(さんどう)検査という4、5時間ぼやけるようになる詳しい眼底検査を受けないとなりません。その検査を受けて「心配のない飛蚊症です。」と言われれば、その後飛んで見えるものが増えない限り定期検査を受ける必要はありません。ただ目玉は閉鎖空間のため、一度この変化が起きてしまうと消えることはありません。一時的に飛んで見えるものが見えなくなったり、薄らいでくることはありますが、大体いつも同じような感じで見えています。


なぜかこの生理的飛蚊症に数ヶ月ごとの定期検査を行っている眼科があり、そのために生命保険に入れない、という相談を受けたことがあります。もしかしたら網膜に穴ができやすいような場所があり、そのための定期検査なのかもしれませんが、通常飛蚊症があるだけで保険への加入ができないということはないと思います。(もしそうならほとんどの人が生命保険に加入できなくなってしまいます。)

Byみさき眼科クリニック@代々木上原


スポンサーサイト

PageTop