みさき眼科クリニック@代々木上原

中心性漿液性網脈絡膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいもうみゃくらくまくしょう)

Central serous chorioretionathy 略称CSC

30-40
台の男性に多くみられる病気で、視力に大事な黄斑(おうはん)部分に限局性の網膜剥離が起こるため、視野の中心が暗くなる、ゆがむ、小さく見える、などの症状が出ます。ストレスによって起きると言われていて、自然に治ることも多いのですが再発も多い病気です。
Photo



写真は発症時と二か月後に自然治癒したときの眼底写真ですが、発症時には黄斑部に円形のむくみが見られます。(点線○内)
Csc1
Csc2 以前は網膜色素上皮のバリアが壊れて、網膜下に水がたまることにより起こる病気と考えられてきましたが、眼科三次元画像解析(OCT)という新しい器械の検査により、病気の本質は色素上皮に接する脈絡膜にあるのでは、と考えられています。CSCを起こしている目では脈絡膜が厚くなり透過性が亢進しているために、そこからあふれた水分が網膜色素上皮を通して網膜下にもれるようです。OCTによる検査をすると、CSC発症時に自覚症状のないほうの目にも脈絡膜が厚くなっている所見があり、また発症時の脈絡膜が厚いほど再発が多いそうです。

以前より行われていたレーザーによる治療は色素上皮の漏れ部分を直す方法で、最近行われている光線力学療法(PDT)は脈絡膜の透過性を直す方法です。自然に治ることも多いのですが、長引いたり視力が低下するような場合にはこれらの治療を行います。

CSC
の経過中にプレシピテートと呼ばれる沈着物が見られることがあります。これは網膜視細胞外節が貪食されていることにより起きるもので、網膜に障害が起きているということであり治療を始める目安になります。OCTは高額な器械のため眼科開業医でもっているところはまだ半数くらいだそうですが、この器械がなくてもCSCの診断はつきますし、治療が必要な段階は通常の診察でわかりますので、症状がある場合は眼科を受診してください。
Byみさき眼科クリニック@代々木上原


 

スポンサーサイト

PageTop