みさき眼科クリニック@代々木上原

カラーコンタクトレンズによるトラブル

眼科医からすると、カラーコンタクトレンズはおしゃれ用であり、通常の度入りコンタクトレンズを使っている人がたまに使う、という感覚があります。しかし先日の学会で聞いた話では、未成年のカラーコンタクトレンズユーザーは初めて使うコンタクトレンズがカラーであり、ほとんどが眼科の診察を受けないで雑貨店、通販で購入しているそうです。これは海外とくらべ日本には度なしレンズに関する規制がないからのようです。度なしのほうがデザイン豊富なため、度入りレンズの上に重ねてつけたり、レーシックで近視は治っているのに度なしカラーレンズをつけている人もいます。(ちなみに当院はカラーコンタクトレンズをつけている患者さんはとても少ないです。)


若い女性は瞳を大きく見せるために、大きいレンズを探し出してつけているようですが、大きいレンズはレンズのカーブもきついため、つけたあとに酸素不足、角膜浮腫が起き、角膜の厚みが増したり、角膜が変形してしまい円錐角膜と診断されていたという話も聞きました。


私からすると、「抗菌」ということに神経質になるわりに、レンズの手入れをしていなかったり、あっていないレンズを平気で目に入れる人の感覚が理解できません。説明しても聞いてくれず、同じトラブルを繰り返す人が多いのも特徴です。

(当院はコンタクトレンズの処方および処方せんのみの発行はおこなっていません。)

Byみさき眼科クリニック@代々木上原



スポンサーサイト

PageTop