みさき眼科クリニック@代々木上原

アトピー性皮膚炎には保湿が大事

皮膚の角質にあるフィラグリンというタンパク質は皮膚のバリアー機能と保湿を保つ働きに役立っていますが、このフィラグリンが少なくなるとぜんそく、鼻炎、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎が起きやすいとされています。皮膚のバリアーがうまく働いていないと、アレルギーの原因=抗原が入り込み、体にアレルギー状態を作り出すのです。最近このフィラグリンをターゲットとした治療方法が開発されつつあります。アトピーで悩む方には朗報ですね。


皮膚から吸収されたものに全身がアレルギー反応を起こすようになる有名な話は「茶のしずく石けん」によるものです。石けんに含まれていた小麦粉成分が皮膚や粘膜から吸収され、小麦粉を食べると、あるいは食べて運動するとアレルギー症状が起きるようになってしまったのです。

眼科にはアトピー性皮膚炎とアレルギー性結膜炎の両方に悩む方が来院されますが、目の中だけを治療しても効果は上がりにくく、まぶたの皮膚の炎症も治療する必要があります。炎症がひどいときには保湿だけしても効果はありません。ステロイドを使い良くなったところでワセリンの保湿に切り替えます。保湿を続けることにより、アトピーの悪化を防ぐ効果があります。

時に高額な化粧品に頼る女性も見かけますが、保湿に関しては医療用ワセリン(商品名プロペト)で十分です。お金をかけたほうが治るような気がするのもわかるのですが…。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原
 


スポンサーサイト

PageTop