みさき眼科クリニック@代々木上原

コンタクトレンズによるドライアイ

目の表面はムチンという粘液で守られています。このムチンは表面にあるとともに、涙の層にもあり、まばたきがスムーズにいくような潤滑油の働きもあります。

コンタクトレンズを目に入れると、レンズの表面にある涙の層は薄くなりますし、レンズの表面には当然ムチンのような粘液がありません。ということは、涙が少ない、ムチンも少ない、というドライアイの症状になっているわけです。まぶたとの摩擦も起きてゴロゴロする感じが出ます。ドライアイの治療薬であるムコスタ点眼やジクアス点眼はコンタクトレンズによるドライアイにも効果が出ますので、試してみる価値はあると思います。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原
 

スポンサーサイト

PageTop