みさき眼科クリニック@代々木上原

糸状(しじょう)角膜炎

Filamentosa13

写真は糸状角膜炎の方ですが、角膜(黒目)の上にゴミのようなものがいくつかあります。これは角膜上皮が「こより」のようによれて、そこに目の表面を守る粘液ムチンと結膜上皮がからみついている状態です。この「こより」状態は角膜にくっついていて、瞬きのたびに動いてしまい、痛みやゴロゴロ感が出ます。


麻酔の目薬をして取り、ドライアイの治療薬ムコスタを使うことでかなり良くなりますが(この病気にはドライアイ治療薬ジクアスよりムコスタの効果が出ます。)、再発も多い病気です。まぶたとの摩擦が原因のことがあり、眼瞼下垂(上のまぶたが下がってくる状態)がある場合、その手術をすることでよくなることもあります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原


スポンサーサイト

PageTop