みさき眼科クリニック@代々木上原

LASIK(レーシック)後のドライアイとジクアス点眼

近視矯正手術のレーシックは角膜を切るため、そこにある知覚神経が切断されます。そのため知覚低下が起こり、涙の分泌が少なくなる、そしてまばたきも減るためドライアイになることが知られています。神経の切断により細胞の分化が抑制され、目の表面を守る粘液であるムチンがへり涙が不安定になるとも言われています。


新しいドライアイの治療薬であるジクアスは目の表面を守る粘液であるムチンを分泌するため、このレーシック後のドライアイに効果があることがわかっています。ジクアスのあとに発売されたムコスタ点眼も効果が期待されていますし、また、昔からあるヒアルロン酸点眼と一緒に使うことで治療効果が一層上がることも報告されています。


ジクアス、ムコスタとも市販薬ではないので、レーシック後のドライアイは眼科で治療することが必要なドライアイです。


By
みさき眼科クリニック@代々木上原
 

スポンサーサイト

PageTop