みさき眼科クリニック@代々木上原

ヘルペスは性病だけではありません。

「角膜ヘルペスだと思います。」と言ったところ、患者さんから「え、ヘルペスって性病でしょ? 私はそういう病気とは無関係です。」と言われてしまいました。


ヘルペスウイルスはごく普通にいるウイルスで、ほとんどの人が子どものころに感染しています。一番わかりやすいのは帯状疱疹ヘルペスですが、このウイルスに初めて感染する(咳などでうつる「飛沫感染」です。)と水ぼうそうになります。その後ウイルスは体の中に残り、体調が悪くなったりすると帯状疱疹を起こします。顔、特に目から鼻にかけて帯状疱疹が起きると、目にも炎症を起こすことが多く治療が必要です。
Simplex1
単純ヘルペスは初めて感染したときには症状がないこともありますが、目に感染すると結膜炎になることがあります。このウイルスも体の中に潜んでいて、体調が悪くなったりしたときに結膜炎を再発したり(まぶたに典型的な皮疹を伴います。)、角膜に樹枝状潰瘍を作ることがあります。口の周りに出ると口唇ヘルペス、陰部に出ると陰部ヘルペスですが、皮膚・粘膜の接触により感染するので、陰部ヘルペスは性行為感染症となります。
スポンサーサイト

PageTop