みさき眼科クリニック@代々木上原

アレルギーと目の傷

目のアレルギーがひどい場合、特にアトピー性皮膚炎があると、黒目(角膜)に潰瘍ができてしまうこともあります。ひどい場合には、皮膚科と協力してステロイドをうまく使っていかないと視力低下の原因にもなり、視力の成長時期であるお子さんの場合治療に苦労することもあります。

そこまでひどいアレルギーではなくても、日常の外来でアレルギー性結膜炎のある患者さんに角膜の傷を見ることはよくあります。コンタクトレンズを使っている方の場合、レンズ使用中止し、角膜の傷をなおす点眼処方を受けてもなかなか治らないと相談を受けることがあります。原因であるアレルギーを治療しないとこれは改善しません。

日経メディカルオンラインに連載した「皮膚疾患と眼症状の密接な関係」も参照してください。(全文読むには会員登録が必要です。)

Byみさき眼科クリニック@代々木上原
スポンサーサイト

PageTop