みさき眼科クリニック@代々木上原

先天鼻涙管閉塞

目の表面の涙は涙点(目がしらにある穴)から鼻に流れていきますが、鼻へ通じるところが生まれたときに閉じている場合があります。新生児の6-20%に見られるそうですが、生後3か月までに約70%が開通し、1歳までにほとんど(90-96%)が自然治癒の経過をたどります。1歳以降でも自然治癒する報告もあるため、どの時期に鼻涙管開放術を行うかは意見の分かれるところです。昔は鼻涙管閉塞とわかるとすぐ開放術を行っていたのですが、様子を見るのは自然治癒が多いとわかったためです。


治療は経過を追うのが基本で、抗菌剤の点眼を行うのは目ヤニがあるとき、それも短期間(2週間以内)に限ったほうが良いとされています。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原


スポンサーサイト

PageTop