みさき眼科クリニック@代々木上原

小児の涙目の検査

目から鼻に涙は流れていきますが、この部分が生まれつき閉じてしまっていることがあります。水が流れているかを調べる検査をすれば閉じているかどうかはわかりますが、年長児になるとおさえつけての検査が無理となるため、色素消失試験、という方法を取ることがあります。眼科ならばどこにでもあるフルオレセイン試験紙で涙を染色し、5分後に色の残り具合をチェックします。前後の写真を撮ると一目瞭然です。


試験紙さえあれば小児科でもできそうですね。すごく簡単な検査ですが、J Pediatr Ophthalmol Strabismus 28: 302-305, 1991. に敏感度90%、特異度100%の検査として報告されています。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原


スポンサーサイト

PageTop