みさき眼科クリニック@代々木上原

TS-1による涙道閉塞は早めにチューブ留置を

以前に書いた「抗がん剤TS-1と眼表面の障害」に角膜障害の写真を掲載していますが、この薬は目が鼻に流れていく部分を狭くしてしまう副作用もあります。TS-1を使っていて涙目がひどくなった場合には早めに眼科にご相談ください。目の傷は薬を中止すると戻るのですが、涙小管閉塞などは回復せず、またあっというまに進行することがあるので、涙目を認めた時点でチューブを入れることが必要となります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原


スポンサーサイト

PageTop