みさき眼科クリニック@代々木上原

ムチンが足りないドライアイ

ドライアイの中にもいろいろパターンがありますが、BUT短縮型ドライアイと呼ばれる、目をあけてから乾いたエリアができるまでの時間(Tear break up time=BUT)が短い(5秒以上が正常)タイプのドライアイは、目に傷はなくても患者さんが非常につらく感じるドライアイです。
Spotbut
写真左は通常のBUTで、縦長の乾いたスポットで出てきていますが、右は丸ブレーク(スポットブレークと呼び名を変えたようですが…)と言われる、目をあけた直後からのドライスポットが多発しています。一見分泌物があって涙が均一になっていないのかな、とも見えるのですが、これがBUT0秒のドライアイです。そしてこのタイプにはドライアイの新薬、ジクアス(ジクアホソルナトリウム)、ムコスタ(レバミピド)が非常に効果を発揮します。

目の表面を守っている粘液であるムチンは、涙を目の表面に広げる働きがあるので、ムチンが不足していると当然BUTは短くなります。そしていままでのドライアイ治療薬はムチンに関しての治療効果がなかったので、新薬の効果に期待したいところです。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop