みさき眼科クリニック@代々木上原

春季カタル 眼球型

春季カタルは主に男児に見られる重症アレルギー性結膜炎です。上まぶたをひっくり返してみると特徴的な石垣状の乳頭が見られるので診断は簡単ですが、時にまぶたの裏側はほぼ正常で、輪部(白目と黒目の境目)にもりあがるような病変ができることもあります。
Catarrh

どちらも通常の抗アレルギー点眼薬の効果が出にくく、ステロイド剤点眼を併用することがほとんどです。写真左はパタノール点眼のみの処方を受けていて、かゆみがおさまらないと受診された患者さんですが、ステロイド剤のフルメトロン点眼にて右のようによくなりました。

ステロイド剤を使用してもよくならない、あるいは副作用が出てしまう、という場合には免疫抑制剤の点眼(パピロックミニ、タリムス)が現在処方できますので、ご相談ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop