みさき眼科クリニック@代々木上原

偽膜のできる結膜炎

「はやり目」はアデノウイルスによる感染力の強い結膜炎ですが(正式名:流行性角結膜炎)、炎症が強いと時に「偽膜」と呼ばれる膜ができることがあります。
Ekc
写真の上下のまぶた裏に白っぽく見えているのは、目ヤニではなくこの偽膜です。この膜があると炎症が長引く、また結膜の癒着が起きるので、膜をはがす治療を行います。

今年はこれほどひどくなる「はやり目」を診察する機会が多いようです。目の充血がある場合眼科にご相談ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop