みさき眼科クリニック@代々木上原

コンタクトレンズの正しいケア

コンタクトレンズ洗浄液は大きなボトルもありますが、ボトルの中が細菌汚染されることがあり、開封したら1か月で新しいものに交換してください。洗浄液だから清潔だと思っている方も多いのですが、洗浄したレンズをそのまま目に入れることができることからもわかるように、洗浄効果自体は弱いものです。レンズをはずした後のこすり洗い、すすぎ、そしてできればレンズを入れる前のこすり洗い、すすぎもおこなってください。

コンタクトレンズの洗浄の基本は「こすり洗い」です。レンズのケア用品の中には「こすり洗い不要」をうたっているものもありますが、こすり洗いをしないと汚れが落ちないことはいろいろな実験でも確かめられています。

つけおき洗浄は酵素により汚れを分解する洗浄方法ですが、タンパク質、脂質以外の汚れに対しては洗浄効果がなく、こすり洗いを併用した方が安全です。洗浄液を多く入れても効果は変わらず、かえってレンズにヒビが入ることがあります。

コンタクトレンズのケースが汚染されることも多く、レンズを出した後に毎回ケースも洗浄(これは水道水でかまいません。)、乾燥を行い、ソフトレンズケースは1か月ごと、ハードレンズケースは6か月ごとに新しいものに交換してください。

なお、当院はコンタクトレンズの処方、および処方せんの発行はおこなっておりませんが、レンズを使っていて調子が悪い場合の診察は可能です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop