みさき眼科クリニック@代々木上原

薬剤性の眼類天疱瘡

類天疱瘡とは、皮膚に対する抗体ができて水疱ができる自己免疫疾患です。眼類天疱瘡は結膜炎のような症状がずっと続き、そのうちに角膜の混濁が出てきたり、まぶたと眼球がくっついてしまったりします。重症となると、目の表面が皮膚のようになってしまい視力が低下します。この病気自体は原因不明ですが、時に点眼薬の副作用でこのような状態になることがあります。薬の主成分、あるいは防腐剤によって起こります。防腐剤による障害は角膜障害が多いのですが、結膜上皮はバリアーが弱いため結膜の下で免疫学的反応が起きて類天疱瘡のようになることがあるとされています。
Pocp
写真は緑内障の点眼薬を数種類使っていて、角膜の傷ができるとともに、角膜に血管侵入も起きて、結膜の充血も強くなってしまった目ですが(写真左)、薬を減らすことにより改善しました(写真右)。結膜炎のような症状が続き、なかなか治らないために緑内障の点眼以外にも薬が増えて、かえって悪化していた症例でした。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop