みさき眼科クリニック@代々木上原

学校健診「視力検査のお知らせ」

学校健診は6月までに終了しなくてはならないため、現在視力検査や眼科健診でひっかかり紙をもらった子どもたちが来院しています。区立の学校は決まった様式がありますが(たいてい色がついています。)、私立の場合記載されている内容は様々です。

「(小学校)1年生は、視力が0.7-0.9であっても遠視の可能性があるので、お知らせを渡しています。」
「メガネを使用しているお子さんは、定期的な検眼が必要です。」
と、とっても行きとどいたお知らせ用紙のところがあって感心しました。(国立でした。おそらく学校医の先生がしっかりチェックしているのでしょう。)

一方、視力検査の結果が「C」判定(0.3-0.7)であっても、「高学年になってからメガネを考えれば大丈夫。」と学校で言われたために、ずっと眼科受診をしていない小学生が来院されましたが、強度乱視のために弱視(レンズを入れて矯正しても視力が出ない状態。)になっていました。もっと早く発見できれば、弱視にならなかったかもしれません。

健診はただ受ければ良い、というものではありません。視力が不良だった場合は眼科での検査をおすすめします。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop