みさき眼科クリニック@代々木上原

眼科にご相談ください。

花粉症の時期、他の科(耳鼻科、内科、小児科)で目薬をもらうことはよくあると思いますが、それで目の状態が治らないなら、やはり眼科で診察を受けていただいたほうが良いと思います。

抗ヒスタミンの飲み薬で目のかゆみが治まらないと言ったら注射をされたけど治らない、という方のご相談も受けましたが、これはやはり目薬の治療でしょう。(「花粉症の注射」と言われているのはステロイドの注射だと思われます。治療内容を把握していない患者さんが多いのですが、副作用について説明をきちんと受けることをおすすめします。)

内科、皮膚科で、何種類もの点眼が処方され、合わない、調子が悪くなるので、どの薬がダメなのか眼科で調べてほしい、という依頼もありましたが、「合わない」というのが、効果がないのか、点眼薬あるいは防腐剤によるアレルギーなのか眼表面の障害なのかは眼科で診察をしないとわかりません。(薬などによる接触皮膚炎の原因を調べるのは皮膚科になります。)

眼科に行くと必ず視力と眼圧の検査をされるので行きたくない、とよく言われますが、当院では必要最小限の検査のみ行う方針のため、花粉症の受診の場合にはステロイド剤を使っていれば眼圧を測りますが、他の検査は行いません。(診察は受けていただかないと薬は出せませんが。)他に必要な検査があっても、花粉の時期が終わってからで大丈夫なものはその旨説明しています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop