みさき眼科クリニック@代々木上原

子どもの視力健診

当院では子どもの患者さんが4-6歳であると、積極的に視力検査をすすめています。(患者さんの兄弟姉妹、あるいは保護者についてきたお子さんがその年齢であっても説明しています。)

というのは、目の成長は6歳(おそくても10歳)で終わってしまい、この時期によく見えていないと、大人になってメガネやコンタクトレンズで矯正しても見えない「弱視」という状態になってしまうからです。自治体や就学時の健診では「生活に支障のない視力が出ているか」というチェックなので、目が正しく成長しているかということとはちょっと別の検査になります。そして3歳児は視力検査がまだうまくできない年齢で、6歳では弱視の治療が手おくれになりかねない年齢です。できれば4歳のころに眼科での視力検査を受けることをおすすめしています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop