みさき眼科クリニック@代々木上原

涙小管断裂

涙は涙腺(上まぶたの耳側奥にある分泌腺で外からは見えません。)で作られて、眼表面を流れて、鼻側にある上下の涙点から鼻に流れていきます。
Tear

涙点からは涙小管と呼ばれる細い管になりますが、まぶたのケガでこの涙小管が切れてしまっていることが時にあります。その場合なるべく早くに縫わないと回復が難しく、涙が鼻に流れないことにより涙目になってしまいます。この手術はかなり特殊で、眼科あるいは形成外科のドクターしか行えません。まぶたのケガをしたならば眼科に一度は(それも早めに)ご相談ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

Injury 犬にじゃれつかれて噛まれ、外科の先生が縫ってはくれたのですが、涙小管が切れてしまっていて(丸で囲ってある部分が本来ならつながっていた涙小管部分です。)、大学病院の先生に紹介して手術してもらいました。(目の表面が黄色くなっているのは、他に傷がないかを染色して調べているためです。)受傷から時間がたつと、切れた涙小管の端がわからなくなるので、手術がしにくくなります。

スポンサーサイト

PageTop