みさき眼科クリニック@代々木上原

BUT短縮型ドライアイ

目の表面をおおっている涙の層は、まばたきから一定の時間がたつと乾いてきます。そうなると目を閉じたくなるわけですが、この乾いたところができるまでの時間を涙液層破壊時間Tear break-up time、略してBUTと呼んでいます。
But
写真の左は目をあけて直後の写真で、黄色に染めた涙液が目の表面全体をカバーしていますが、しばらくすると右の写真のように乾いた部分(黒目の下側に縦長の染まらない部分があるのがわかるでしょうか?)が出来てきます。

ドライアイ症状を訴える患者さんの中に、目の表面に傷はなく涙の分泌量も正常なのに、このBUTだけが短い方がいらっしゃいます。自覚症状が非常に強いのと、通常のドライアイ治療になかなか反応しない、という特徴があります。アレルギー性結膜炎を伴うことが多いので、その治療をすることもありますし、ドライアイの新薬ジクアスの効果がある、という説もあります。ドライアイの新薬はまだ出てきますので、学会発表などでも勉強してきます。

(今回の症例は正常なヒトのBUT写真です。眼表面をおおっているムチンが足りなくて起きるBUTは丸いスポットだ、という説もあり、そのあたり興味深いところです。)

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop