みさき眼科クリニック@代々木上原

シェーグレン症候群

重症ドライアイであるシェーグレン症候群は、目薬だけではなかなか治療効果の出ないことがあります。
Photo_2
写真左は治療前のシェーグレンの方の写真ですが、角膜下方に黄色く染まる傷が見えています。右は涙点プラグによる治療後で、傷は消えて涙もほどよくたまっています。(涙を黄色く染めています。)治療前は目をあけるのもつらかったため、私が手で開瞼していますが、治療後は自然に開けられるようになり写真も撮りやすくなっています。

ドライアイと言われ、現在の治療で症状が改善しない場合、涙点プラグを入れたほうが良くなるでしょう。涙点プラグについては、当院ホームページ「ドライアイ外来」を参照ください。

時にドライアイの診断自体間違っていることもあります。ドライアイが重症だからと言って、点眼薬や軟膏の数が増えている場合、その治療自体が目に傷を作っていることもあります。ドライアイを専門としている眼科でご相談ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop