みさき眼科クリニック@代々木上原

医療証と保険証はセットでお持ちください。

現在都内では高校にあがるまでのほとんどの子どもたちに医療証(乳幼児と子どもの二種類があります。)を交付しています。社会保険と国民保険のどちらかに必ず加入されているはずですが、かかった医療費の7割をこの保険がカバーして、残りの3割は医療証を交付した自治体が補助しています。そのためにどちらかだけをお持ちになっても、窓口0円ということにはできません。

保険証のほうだけを持参された場合には3割を支払っていただくことになりますし、医療証だけの場合には当日支払いは全額自費となります。(後日実物を確認して返金していますので、くわしくは窓口でおたずねください。)東京都の医療証は他府県では使えない、また保険証が他府県のものですと医療証部分は当日自己負担になる、などの決まりもあります。

また医療証は10月から新しくなります。乳幼児医療証は6歳の4月から子ども医療証となり、子ども医療証は15歳の3月31日で終了となります。途中で番号が変わることもありますので、必ず有効期限のあるものをお持ちください。なお、保険証、医療証は実物の提示があっての保険診療となります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop