みさき眼科クリニック@代々木上原

診察してもらっていればすべてOK?

眼科の診察室にある器械はスリット(細隙灯、さいげきとう)と呼ばれ、まぶたや睫毛の状態、結膜炎やドライアイ、そしてある程度の白内障の程度判定まではできる、という眼科診察の基本中の基本なのですが、これですべてがわかるわけではありません。

よくこのスリットによる診察後に「視力はどれくらいですか?」「眼底出血はありますか?」と聞かれるのですが、これは他の検査や診察をしないとわからないのです。必要最小限の検査をこころがけていますが、症状や状況によってはなんらかの検査が必要となります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop