みさき眼科クリニック@代々木上原

コンタクトレンズ検診では不十分

40歳以上の方でもコンタクトレンズを使うことが多くなりましたが、レンズ処方時の診察を受けているので眼科の病気に関しては大丈夫、と思っていると最近はそうではありません。

保険点数が変更になり、コンタクトレンズの定期検査に関しては定額となっているため、通常は視力と診察のみをおこなっています。昔はおこなった検査に対しての点数が加算できたため、眼圧や時に眼底写真も撮って異常がないか確認していましたが、いまは検査をしても点数が取れないため、コンタクトの定期検査時には視力以外の検査を行わないことがほとんどです。

40歳をすぎると、緑内障となるパーセンテージが増えてきます。年に一回は視力(できれば眼科での矯正視力)、眼圧、眼底写真の検査を受けて、異常がないか確認したほうが良いでしょう。コンタクトレンズの検査を受けている眼科でも、病気や症状がある場合には普通に検査をおこないますので、ご相談ください。(レンズ処方と別の日に行うことが多いようです。)ただしコンタクトレンズ量販店併設の眼科にいる医者は、眼科診療の経験がない医者が多いので(レンズ処方は医者なら何科であっても可能です。)、断られることもあるようです。

なお当院はコンタクトレンズの処方および処方せんだけの発行もおこなっておりません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop