みさき眼科クリニック@代々木上原

水泳時にはゴーグル着用がおすすめ

水泳後の目洗いについてはよく取材を受けますが(目洗いについてまとめた自ブログはこちら)、もともとは「なぜ学校授業の水泳時にゴーグルを着用することに眼科医の診断書が必要なのだろう?」という疑問から始まった実験でした。残念なことに、いまだに診断書の提出を必要とする学校があります。毎年診断書を出すようにという学校もあるようです。

水に落ちた場合の訓練として水の中で目をあける、という練習があるのは知っています。が、本格的に泳ぐようになった場合、プールの消毒用塩素により目の表面にはかなり傷がつきます。特にアトピーやアレルギー性結膜炎がある場合には、より強く炎症が出るようです。またゴーグルなしで泳いだあとに水道水や生理食塩水で目を洗っても、起きてしまった目の炎症・傷を治すことはできません。ゴーグルで目を保護することが大事なのです。その保護する物を使うことに診断書を、それも自費で出す(診断書は自費となります。)、というのは眼科医としてはなんだか納得がいかないのですが…。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop