みさき眼科クリニック@代々木上原

涙点プラグによるドライアイ治療

ドライアイの治療にはまず点眼をしてもらいますが、それでも効果のない場合にはシリコン製の涙点プラグを使います。涙はめがしらにある涙点と呼ばれている穴(上下左右四か所あります。鏡でも見ることができます。)から鼻に流れていきますが、そこをふさぐことにより涙を目の中に貯めるわけです。
Plug_2
シリコン製と聞いて(恐い)という声を聞くことがありますが、昔の豊胸術のシリコンとちがい体の中に埋め込むわけではありません。単に涙点にふたをするだけで(入れたプラグを鏡で確認できます。)、すぐできますし、すぐまた取ることも可能です。重症ドライアイに悩む方には非常に効果のある治療方法ですが、実際そこまでの治療が必要なドライアイはそれほど多くないのでは、とも思っています。

「私はドライアイです」と言って来院される患者さんの多くは、アレルギー性結膜炎であったり、コンタクトレンズが合っていなかったり、メガネがあっていなかったり、という別の理由があるようです。いきなり点眼処方を受けるのではなく、きちんと眼科にご相談ください。当院はドライアイを専門としています。
Byみさき眼科クリニック@代々木上原
スポンサーサイト

PageTop