みさき眼科クリニック@代々木上原

ソフトレンズはワンデータイプがおすすめ

最近の報告では、コンタクトレンズが原因であり入院が必要な重症感染症の原因は、緑膿菌とアメーバがほとんどを占めるそうです。また、使用されていたコンタクトレンズのほとんどが2週間の定期交換タイプでした。

ワンデータイプの使い捨ては、まず感染症を起こさないと言ってよいでしょう。ワンデーで重症感染症を起こす場合には、ワンデーをワンデーとして使っていない場合です。(洗って何度も使う、何日も入れっぱなし、など。)

最近は予算の関係でワンデーをやめて2週間タイプレンズに切りかえる方も多いようですが、その場合にはきちんとこすり洗いするなどの、レンズ管理が大事となります。目の状態によってはワンデーが使いにくい、視力が出にくい場合もありますので、処方時にご相談ください。
視力を出すためのコンタクトレンズにより、視力を失うような病気になってしまっては意味がありません。定期的な診察を受け、レンズ管理をしっかりとおこなってください。
なお、当院はコンタクトレンズの処方をおこなっておりません。処方箋だけの発行もしていませんので、ご了承ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop