みさき眼科クリニック@代々木上原

飛蚊症はコンタクトレンズの傷?

「目の前にゴミのようなものが見える。手ではらってもなくならない。」というのは、飛蚊症(ひぶんしょう)と呼ばれる症状で、ほとんどが年齢的な変化ですが、たまに網膜剥離や眼底出血のことがあるので、目薬を使った眼底検査が必要となります。

ある患者さんが、コンタクトレンズを処方してもらった眼科でこの症状がある、と説明したところ
「ハードレンズで傷ができるので、それが見えているんですよ。」
と言われたそうです。
コンタクトレンズで傷ができて、それが視野に見えているようなら、レンズが合っていないということなので、それはそれで問題でしょう。

コンタクトレンズトラブルなのか、飛蚊症なのか、どちらにしても、眼科としての対応が必要で、放っておいて良い症状ではないと思います。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop