みさき眼科クリニック@代々木上原

レーシック後のドライアイ

レーシック(LASIK、レーザーによる近視矯正術)の手術後はかなり高率にドライアイとなります。これは眼科医には一般的な常識です。当然のことながらこの手術をする医者はよく知っているはずですし、手術後の治療も責任を持ってするべきことです。
Lasik
が、術後の調子が悪く、他の眼科を受診する患者さんが多いのも事実です。写真はレーシック後の患者さんですが、よく見ていただくと左目にはあまりない黄色く点状に染まる部分が右の黒目のところにあると思います。これはドライアイで角膜に傷がついている状態なのですが、ここまで傷が多いと見え方が悪くなります。ただ通常の視力検査では良く見えているため(右の視力は1.5でした。)、手術をおこなった施設では「手術は完ぺきです。」と言われているそう。

レーシックは術後何も起きなければ良いのですが、このような状態になったときにきちんと治療のできる施設でないと、患者さんの不満は残ります。せっかくお金をかけて手術をするのですから、手術後の治療もきちんとできる施設で受けましょう。なお、手術後に他の眼科で診察を受ける場合、自費になる期間がありますので、ご注意ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop