みさき眼科クリニック@代々木上原

「緑内障があるのに、この薬を使っても大丈夫でしょうか?」

眼科で緑内障の治療をしている患者さんが、他のところで検査や薬を処方された際に「緑内障があるとダメとありますが。」と質問を受けることがあります。ものすごーくおおざっぱな説明ですが「眼科で緑内障を診てもらっている場合には大丈夫です。」となります。

緑内障にはいろんな分類がありますが、「閉塞隅角緑内障」と「開放隅角緑内障」という大きな分け方があります。目の中を水が流れていますが、その水の流れ道が狭い「閉塞」タイプと広い「開放」タイプの緑内障があり、他科での検査・処方時に問題となるのは「閉塞」のほうです。この閉塞タイプは眼科を受診した際に診断を受け、何らかの治療をしていることがほとんどなので、まず大丈夫なのです。(ただし、例外もあるので、ご心配な場合には眼科にご相談ください。遠視のある方に閉塞タイプは起きやすいのです。)
Byみさき眼科クリニック@代々木上原

日経メディカルオンラインに連載した「緑内障に禁忌の意味は?」にリンクしておきます。(全文読むには会員登録が必要です。)
スポンサーサイト

PageTop