みさき眼科クリニック@代々木上原

メガネとコンタクトレンズとレーシックはどれが一番?

<メガネ> 極論を言えば一番安全です。メガネで困っていないのに、コンタクトレンズにしたり手術を受ける必要はまったくありません。老眼が出てくるとメガネが一番かと思います。軽い近眼の方はメガネをはずせば手元がよく見えるようになります。強度近視の場合には視力が出にくいのと、職業上メガネを装用できない人たちがいます。

<コンタクトレンズ> 強度近視や乱視があってもメガネよりうまく視力が出せることが多いのが利点。また左右の度数が大きくちがう人の場合にも対応できます。(メガネだと完全矯正できないことがあります。) 眼科医が診察すれば、「この度数ならコンタクトレンズのほうが楽。」とわかります。異物なので、ルールを守った手入れが必要です。失明するような感染症の報告もあります。

<手術(レーシック)> メガネやコンタクトレンズから解放されます。ただし、手術なので結果に満足しなかったと言って戻ることができません。40歳以上の方に完全矯正となる手術をすると、術直後より老眼を感じるようになります。(老眼は以外に不便なものです。)

その人の目の状態によってはコンタクトや手術ができないこともあります。個人個人の生活、仕事内容、そして性格によってどれが一番かは変わってきます。それぞれの利点・欠点をよく説明できる眼科でご相談ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop