みさき眼科クリニック@代々木上原

お子さんの視力検査のおすすめ(弱視にならないために)

強い遠視も近視も乱視もない場合、ほうっておいても子供の目は視力が出るようになりますが、この成長の時期に目に正しく刺激がいかないと大人になっても見えない目になってしまいます。(「弱視(じゃくし)」と呼ばれ、眼鏡などでも視力の出ない状態です。)目に正しく刺激が行くようにするには、遠視、近視、乱視がある場合にはそれを眼鏡で矯正 してあげることが大事です。

子供の目の成長はほぼ6才までに終わりますので、それまでにメガネで矯正すべきか判断する必要があります。小学校にあがる時の健康診断では遅すぎますので、3才児検診で指摘されれば必ず眼科を受診してください。また4才をすぎれば、ほとんどのお子さんは視力検査が上手にできるようになります。何もなくても一度眼科を受診して、見え方に問題がないか確認しましょう。ぜひ!

Byみさき眼科クリニック@代々木上原
スポンサーサイト

PageTop