みさき眼科クリニック@代々木上原

効果のあるアレルギー治療を

私は眼科以外の科で点眼を出しても構わないと思っています。眼科にすぐかかることができない状況もあるわけなので、抗菌薬やアレルギーの点眼は使ってみて、効果がないときに眼科を受診、と考えてもらって良いと考えています。
ただし、ステロイド点眼は、その副作用のチェックができる眼科で処方するべきだと思うのと、もしアレルギーの治療をするなら、抗ヒスタミン作用のある点眼のほうが効果はあると思います。

アレルギーの治療に使われる目薬は大きくわけて2グループあり、ひとつは細胞膜を安定させてヒスタミンを出さないようにするもの、もうひとつはヒスタミンの作用をおさえるものです。

前者には  一般名称(先発品の商品名)
クロモグリク酸ナトリウム(インタール)
ケトチフェンフマル酸塩(ザジテン) (抗ヒスタミン作用もあると言われている。)
ペミロラストカリウム(アレギサール)
トラニラスト(リザベン)
などがあり、薬の効果が出るまでにちょっと時間が必要です。(大体2週間と言われています。)

後者の抗ヒスタミン作用のある点眼は
レボカバスチン塩酸塩(リボスチン)
オロパタジン塩酸塩(パタノール)
があり、もうかゆみが出ているのであれば、こちらのほうが効果があります。
(パタノール以外はすべて後発品が出ています。)

なぜか内科で処方されている薬は抗ヒスタミン効果がないものが多く、ちょっと残念です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop