みさき眼科クリニック@代々木上原

花粉症で受診するのは眼科、耳鼻科、内科、小児科?

効果のある治療が受けられればどこでも大丈夫と言えます。眼科でも点鼻薬や飲み薬を出せます。
追記:7歳未満のお子さんの場合には目のかゆみだけなら眼科で対応できますが、鼻の症状が強い場合には小児科あるいは耳鼻科のほうが良いと思われます。(当院で飲み薬を出すのは7歳以上のお子さんです。)
目のかゆみがひどい場合にはステロイド点眼を処方しますが、この場合には眼科受診が必要です。ステロイド点眼の副作用である眼圧上昇や、感染症は眼科でしかわからないからです。

毎年スギの時期に症状が出るのであれば、早めの治療が効果的です。1月末より目薬、鼻のスプレー(点鼻薬)、飲み薬を始めましょう。前年の使っていない薬があれば(目薬、点鼻は使ってしまったものはダメです。)、その薬でも大丈夫です。最近よく処方されている目薬、パタノール、アレジオン(2014より発売)点眼はこの早めの治療にも効果を上げます。ステロイド点眼を使わなくてもすむことがあります。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原
スポンサーサイト

PageTop