みさき眼科クリニック@代々木上原

飛蚊症は病名ではありません。

ゴミのようなもの、黒い点が見える、という症状は飛蚊症(ひぶんしょう)と呼ばれます。(「髪の毛」「すす」「ホコリ」「煙」などいろいろな表現をされます。)時に、網膜剥離が起きているときにこの症状が起きるので、目薬を使って瞳をひらく検査をして、詳しく眼底をチェックしないとなりません。

ただ検査後に瞳が広がった状態が4時間ほど(戻りにくい方では5時間ほど)続きますので、検査後に運転はやめてもらっていますが、どうしてもお仕事の都合などでいらした当日に検査ができず後日に、となる患者さんがいらっしゃいます。

こちらとしては、きちんと検査をしたうえで、放っておいて良いものなのか(年齢的な目の中のニゴリが見えていることが多いのも事実です。)、すぐに治療が必要なのかを判断したいのですが、検査の説明を聞いて
「ああ! 飛蚊症なんですね。じゃあ大丈夫ですね!」
と言われる方があります。

診断がついた、と思われているようですが、飛蚊症は症状であって病名ではありません。もとの病名までを聞いてから安心しましょう。
私も飛蚊症があり、増えれば先輩ドクターに診察してもらっています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop