みさき眼科クリニック@代々木上原

「はやり目」注意

ここのところ「はやり目」(正式名称:流行性角結膜炎)の患者さんが続けて来院されています。そして、患者さんの訴えは「目ヤニ」ではなく、「目が赤い」「まぶたが腫れている」ということが多く、うつりやすい結膜炎と言われて驚くようです。
1

この写真の方は「ものもらいができたようで、まぶたが痛い」と来院され、かなり充血がひどいなあ、と思っていたところ、あっという間に角膜びらんが生じ、まぶたの結膜には偽膜(ぎまく)と呼ばれるものができてしまいました。アデノウイルスの診断キットではすぐに強陽性が出ました。

昔はプールの時期に子供に見られることが多かった結膜炎ですが、最近はプールの時期ではないとき、そしてプールに入らない、それも大人に見られることが多くなりました。治らない充血はこの結膜炎である可能性が大きいので、眼科を受診されてください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop