みさき眼科クリニック@代々木上原

上輪部(じょうりんぶ)角結膜炎

目に傷があると診断され、点眼を処方されて「治りました。目の傷もありません。」と眼科で言われたけれども、どうもゴロゴロする感じが取れない、と来院された方あり。
確かに角膜(黒目)の中央は傷もほとんどないのですが、上まぶたを上げてみると…
これは上輪部角結膜炎(SLKと略します。)のためです。

上輪部角結膜炎は、原因不明の慢性疾患で、上の輪部(黒目と白目の境部分)の結膜充血、肥厚が起こり、異物感、流涙という症状があります。ローズベンガルという染色で上輪部結膜が染まるのが特徴的ですが、この染色液がなくても(ちょっと特殊なため、置いていない眼科が多いようです。)、どこの眼科にでもあるフルオロセイン染色だけで慣れている眼科医は診断がつけられます。

まぶたを触ると嫌がる患者さんが多くなりましたが、まぶたに隠された部分、あるいはまぶたの裏の結膜部分に、診断のもととなる症状があることも多いのです。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop