みさき眼科クリニック@代々木上原

眼底写真が撮れないのは白内障のせい?

眼科医が眼底検査をする場合、目薬を使って瞳を大きくして見ることができるので(散瞳さんどう検査と言います。)、写真では撮れない眼底のはじもチェックできますし、白内障がある程度あっても検査ができます。眼底写真を撮る場合、白内障が少々あるだけでピンぼけになってしまうことが結構あります。

特定健診で眼科を受診された場合には、眼底写真が撮れなければ散瞳検査をおすすめできますが、内科で眼底写真を撮ろうとして撮れなかったときに
「白内障のせいですね。」
とすませてしまうことがあるようです。

その場合には眼科に行き、本当に白内障なのか、他に眼の病気がないのか、きちんと確認されたほうが良いでしょう。無料でできる検査だけを希望される気持ちもわかりますが、料金だけにこだわって、病気の早期発見という機会を逃すのは残念なことだと思います。
そして以前にも書きましたが、特定健診の眼底写真は、動脈硬化・高血圧性変化をチェックするのが目的で、「眼の健診」ではありません。眼のことは眼科医にご相談ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop